シン・シティ?

シン・シティ?

映像美を売り物にしている作品がある。これはアメリカでは人気のあるコミックなのだという。映画化にあたっては原作者と承諾をとるのが大変だったそうだ。

モノクロをベースに、陰影を意識した構成。さらに、部分的に鮮明で象徴的な色のみが加工されている。

絵作りの美しさとその苦労はよく分かるのだが、ストーリーとしてはいまいちだ。

人が行動をおこすには動機がある。命を懸けて戦うのは、自分の命と同じかそれ以上の価値をそこに認めているからだ。家族、誇り、国家など自分の命を天秤にかけて、深い葛藤のうえで命を懸けるのだ。

ハードボイルドなキャラクターは心情を外には見せないものだ。しかし、あえて見せないがために見ている側にはひしひしと伝わってくる絵作りが必要だと思う。つまり、退屈な映画だった。

シン・シティ スタンダード・エディション
シン・シティ スタンダード・エディションロバート・ロドリゲス フランク・ミラー クエンティン・タランティーノ

ジェネオン エンタテインメント 2006-06-23
売り上げランキング : 6773

おすすめ平均 star
star刺激的すぎる
star古典劇のテーマをスタイリッシュに描いた作品
star変態向けクソ映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

商品データ

その他

Yahoo!映画

シン・シティ

ミッキー・ローク関連の作品